.htaccessを使い存在しないページに専用htmlを表示する

サーバ

今まであったhtmlページの移動や万が一のリンク切れのために、htaccessを使って404専用ページを用意する方法をメモしておきます。

.htaccessファイルの用意

.htaccessファイルに以下を記述します。

“`ErrorDocument 404 /404error.html“`

404error.html部分は、お好きなhtml名に変更してください。

404用htmlファイルをアップロードする

上記のhtaccess記述の場合、サイトのルートに404error.htmlをアップします。

  • 画像やCSS、JSのファイルリンクは、絶対パス(ここのサイトの場合、https://0017.org/から続くURL)にしておきましょう。

記載文章サンプル

どういった文章を記載するかは人それぞれで構いませんが、自分の場合のサンプル文章を記載しておきます。
“`<div class="section">
<h2>ご指定いただいたページが見つかりません。</h2>
<p>申し訳ございません。お探しのページは、移動または削除された等の理由により表示することができません。あるいは URLをタイプミスしている可能性があります。</p>
<p>入力した内容をもう一度ご確認の上、再読込みを行ってもこのページが表示される場合は、 お手数ですが次のいずれかの方法でお求めのページをお探しください。</p>
</div><!–/section–>

<div class="section">
<h3>製品・サービスなどをお探しの場合</h3>
<p>ページ上部の各サービスメニューまたは、<a href="#">事業内容</a>ページよりお探しいただけます。</p>
</div><!–/section–>

<div class="section">
<h3>会社情報をお探しの場合</h3>
<p><a href="#">会社情報</a>ページよりご覧いただけます。</p>
</div><!–/section–>

<div class="section">
<h3>お問い合わせの場合</h3>
<p><a href="#">お問い合わせフォーム</a>または000-000-0000までお気軽にお問い合わせください。</p>
</div><!–/section–>

<div class="section">
<h3>その他のケース</h3>
<p><a href="#">サイトマップ</a>から選択してください。</p>
</div><!–/section–>“`

タイトルとURLをコピーしました