iPhoneとGoogleKeppを使った音声入力が無難、無料、便利!

コンピュータ

最近、音声入力でブログ記事を書いています。私がどのように音声入力でブログ記事を書いているのかをご紹介したいと思います。

音声入力環境について

音声入力環境は非常にシンプルです。iPhoneを使います。極端に古くなければだいたい大丈夫でしょう。

Google Keepで新規ファイルを作成し、iOS標準の音声入力で直接話しかけています。

iOSの音声入力は途中で強制的に切れてしまう時がありますが、その都度マイクボタンを押せばいいだけなので気にせず行っています。

Google Keepに直接入力すればパソコンと同期ができるため、テキストエディタで簡単に編集することができます。

中には、これは使わないほうがいいなと言う内容も出てくるでしょう。そういった場合もパソコン側で簡単に削除ができます。

Speechyを買ってみたけど…

「Speechy」という入力アプリ(有料版)を使ってみましたが、結果としては私にはちょっとあいませんでした。

理由は、音声録音が途中で途切れてしまい、再度音声入力をしようと思うと別ファイル扱いになってしまいます。

手軽に音声入力の続きを追記できるような機能があればよかったんですけどね。

タイトルとURLをコピーしました