年金の支払い方法をクレジットカード2年前払いにしました

お金
スポンサーリンク

連日お金に関する話題ですが今日は年金について書きたいと思います。

国民年金

私は自営業者なので国民年金です。国民年金は必ず支払わなければいけないのですが、少しでもお得になる方法はないか調べたところ、2年前払いにすると安くなるそうです。

またクレジットは楽天カードを使っていますが、年金の支払いをすることでポイントがつきますので、お得ですね。

支払い変更方法

支払い方法の変更はちょっと面倒臭いです。お近くの年金事務所に行って支払い方法の変更書類を書き提出しなければなりません。
しかも資料は郵送ではダメで、直接手渡ししなければいけません。こんな時代なのにすごくめんどくさい方法ですね。

受付では身分証明の確認と、クレジットカードの限度額が大丈夫かの確認を求められます。
身分証明は運転免許証を出せば問題ありません。
限度額については自己申告なのでとくに難しい事はありません。でもしっかりお金が落ちなければ意味がないので確認しておきましょう。

楽天カードの場合楽天e-naviから限度額を調べることができます。

カードはどのように金額が落ちるのか

私は2018年7月末にクレジットカード払いへ変更しました。
その場合、2019年3月までは1ヵ月ごとにクレジットカード払いになるそうです。そして2019年4月に、2年分が一括で支払われます。

個人的にクレジットカード払いにどこで切り替わるのかがわからなかったので、その説明をしてくれたのはとても助かりました。

日本は大丈夫なのか

日本の年金と言えば、「すでに破綻している」「払わないほうがいい」などと言われていますが、私はそんなことないと思います。

年金の支払いの半分は税金でまかなわれていますので、年金を支払っていない人はその分損しています。

「日本が破綻するのではないか」ということについては、他の投資系ブロガーさんの受け売りですが、年金が破綻しても国は破綻しないでしょう。もしそれをやってしまったら年金を払っている日本人みんなから訴訟されてもおかしくありません。

また仮に国が破綻した場合、その前に銀行はすでに破綻していると思います。つまり国は最終防壁なのです。

最後に

年金は実質すでに破綻しているかもしれませんが、国は破綻しているとは絶対言わないでしょう。

年金が破綻しているとは絶対言わない代わりに、年金支給額の減額や、年金受取年齢が上がることは考えられます。
いやおそらくそうなるでしょう。

そうなるとわかっていながら支払わなければいけないのは正直しんどいですが、支払いは義務である以上、せめて少しでも支払い金額を減らすような対処が必要です。

300,000円近い金額が一度に出て行くのは厳しいですが、トータルで見たらお得ですのでぜひポイントの付くような楽天カード等で支払ってみてはいかがでしょうか。