国民年金の対象者は付加年金を申し込むべき!お得です

私は自営業者なので国民年金を支払っています。やはり将来に対して不安になりますので、年金に関するサービスがないか調べてみたところ付加年金と言うものがあり、お得だと判断したので申し込みました。

付加年金の金額は

付加年金は、掛け金月400円です。そしてもらえる金額は、かけた月数× 200円です。

例えば20年かけた場合を計算してみましょう。

400円×240月(12ケ月x20年)= 96,000円

96,000円が20年で掛けた付加年金の金額です。
支払いを想定してみましょう。

65歳 240月×200円=48,000/年(差額:△48,000円)
66歳 240月×200円=48,000/年(差額:0円)
67歳 240月×200円=48,000/年(差額:48,000円)

ご覧のように3年目からプラスに転じるようになります。
年金は生きている限り一生もらいますのでこれはかなりお得ではないでしょうか。

月額400円は、ちょっとした携帯電話のサービス程度の金額ですのでこれはやるるべきでしょう。

私自身、これを申し込んだのがけっこうな年齢だったのでもっと早くやればよかったなぁと後悔しております。

ただし付加年金に加入できるのは国民年金の第一号被保険者、農業者年金加入者、および任意加入被保険者だそうです。

自分の人生が何歳で終わるのかは誰にもわかりませんが、68歳以上は行きたいなーと思っていますので笑、個人的には入っておくべきものだと思います。