ふるさと納税で購入してみました

お金
スポンサーリンク

ふるさと納税をご存知の方も非常に多いでしょう。地域に貢献しながら税金も安くなるということで人気となっています。
今回このふるさと納税を試しに買ってみましたので、それについて書きたいと思います。

ふるさと納税サイトはどこを選ぶか

ふるさと納税に関するサイトは非常にたくさんありますがどこを選ぶのが良いでしょうか。
今回私は大して調べもせずに、楽天ふるさと納税で購入をしてみました理由は、

  • 楽天で購入ができるのでポイントが付く

ただそれだけの理由です笑

購入は非常に簡単

ふるさと納税と言うことで買い方もちょっと面倒臭いのかなと思いましたが、楽天市場で普通に購入する感覚でふるさと納税を購入することができました。

注意事項としては、ふるさと納税を送る先の住所が証明となって、確定申告の住所と同じになっている必要があります。

購入金額には限度がある

お得にふるさと納税を活用する場合、ふるさと納税で購入できる金額には限度があります。

厳密に言えばいくらでも購入することができるのですが、必要以上の購入分は、結局自分で払わなければならないので、お得に活用するには自己負担の最低金額2000円で収まる範囲で購入するのが良いのではないでしょうか。

じゃあいくらまで購入できるのでしょうか。各ふるさと納税サイトには、大まかに購入できる金額をシミュレーションするページがありますのでそれで計算してみて下さい。

私の場合計算してみたところ約63,000でしたが、今年はお試しと言うこともあり、少なめの金額、40,000円位にしておこうかなと思っています。

いらないものを購入しても仕方がない

この手の節税に関する話題でよく挙げられますが、不要なものを買っても意味がありません。欲しいものが会ったときにふるさと納税を活用するのが良いでしょう。

私の場合煮干しが欲しかったので購入しました。

【楽天市場】【ふるさと納税】raamo001 カルシウムたっぷり♪アーモンド小魚320g×6袋 寄付額5,000円:高知県奈半利町

食べ物系が多い

ふるさと納税サイトにもよるのですが、楽天ふるさと納税の場合食べ物系が大半を占めております、水やビール肉などたくさんありました。

主婦の方にはお米がお得かもしれませんね。

最後に

ふるさと納税は、うまく活用すれば男になりますのでぜひ購入してみて下さい。
お米や水など、毎日使うものに対して購入するのがお得かもしれません。
私も、今年は必需品を中心に購入してみたいと思います。また来年以降この結果についてもご紹介できればと思いますのでぜひご確認ください。