ターミナルのSSHログインが繋がらなくなった時の処置として

Terminal
スポンサーリンク

さくらの980円VPSを使っていますが、ターミナル経由のSSHで繋がらなくなることがあったので、備忘録としてメモしておきます。

環境

  • さくらのVPS980
  • MacOSX 10.5.8
  • 作業はターミナルで行いました

症状

以下のようなメッセージが出て、SSHが繋がらなくなった。

“`@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
以下、いろいろ続く…“`

解決策

1.Macのターミナルを起動します

2.以下のコードを入力します。

“`$ cd ~/.ssh
$ ls -al“`

すると、「known_hosts」というファイルが存在していることが確認できるかと思います。(一番下の行)

“`drwx—— 5 username staff 170 10 30 07:41 .
drwxr-xr-x+ 50 username staff 1700 1 7 03:40 ..
-rw——- 1 username staff 1675 10 29 23:51 id_rsa
-rw-r–r– 1 username staff 415 10 29 23:51 id_rsa.pub
-rw-r–r– 1 username staff 395 10 30 07:41 known_hosts“`

3.この「known_hosts」を削除します。

“`$ rm known_hosts“`

丸ごと削除しても問題はあまりないですが、本当は中を開いて該当する行だけ削除するのが好ましいそうです。

参考