Cakephpのちょっとした設定メモ

CakePHP
スポンサーリンク

CakePHPに関するちょいメモをしていきます。

確認環境

  • CakePHP 1.3.7

CakePHPでadminのページを作る

/app/config/core.php の88行目あたりにある

“`//Configure::write(‘Routing.prefixes’, array(‘admin’));“`

のコメントを外す

“`Configure::write(‘Routing.prefixes’, array(‘admin’));“`

すると、http://localhost:8888/cakephp/admin/xxx のようなURLで管理ページを作成することができます。

CakePHPで、ブラウザを閉じるとセッションが消去されるようにする

/app/config/core.php の199行目あたりにある

“`Configure::write(‘Security.level’, ‘medium’);“`

“`Configure::write(‘Security.level’, ‘high’);“`

にすることで、ブラウザを閉じるとセッションが消去されるようになります。セキュリティ対策はしておくといいらしいです。

CakePHPで必須と言える基本的なセキュリティ対策

/app/config/core.php の204行目、209行目あたりにある以下の2の値をランダムに変更します。

“`Configure::write(‘Security.salt’, ‘DYhG93b0qyJfIxfs2guVoUubWwvniR2G0FgaC9mi’);“`
“`Configure::write(‘Security.cipherSeed’, ‘76859309657453542496749683645’);“`

“`Configure::write(‘Security.salt’, ‘適当なランダム文字列’);“`
“`Configure::write(‘Security.cipherSeed’, ‘適当なランダム文字列’);“`

参考