MacOSXでGithubを使う-2

前回「MacOSXでGithubを使う-1|1bit::memo」に引き続いての作業です。

確認環境

  • MacOSX 10.6.7

Gitをインストール

Gitのインストールには、MacPortなどいろいろな方法があるそうですが、ここでは「git-osx-installer」というソフトを使います。
Downloads – git-osx-installer – OSX Installer for Git – Google Project Hosting」から最新版のインストーラをダウンロードします。お使いのMacが64bit対応でなければ「git-1.7.5.4-i386-leopard.dmg 」でいいと思います。

ファイルを解凍し、インストーラを実行してください。このソフトはアプリケーションフォルダに入るタイプのソフトではありません。そのため、アプリケーションフォルダを探してもアプリ本体は見つかりませんが、気にしなくていいです。

ターミナルを起動して作業

/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル.appを起動します。以下のコマンドを入れてみてください。

git 少し長いですが以下のように表示されれば、無事インストールできています。

usage: git [--version] [--exec-path[=

次はSSH公開鍵の設定方法です。