0017

WordPress Database Backupプラグイン:データベース定期バックアップ

WordPress Database Backupプラグイン:データベース定期バックアップ

2012.1.7

WordPressにとってデータベース上のデータはとても重要なので定期的にバックアップを取りたい所です。

DBバックアップの定番といえば「WP-DBManager」ですが、今回はWordPress Database Backupというプラグインをご紹介します。

なぜWordPress Database Backupなのか

筆者が使っているいくつかのサーバで「WP-DBManager」の一部機能が動かなかったからです。サーバ内の設定まで触ることができれば問題無いのでしょうけど、そこまでの知識がないため、よりシンプルな「WordPress Database Backup」を使っています。

「WordPress Database Backup」は、その問題のサーバでも上手く動作しました。

インストール

WordPress › WP-DB-Backup « WordPress Plugins」からダウンロード、解凍し、pluginsフォルダにアップロードして有効化してください。

ツール→バックアップに項目が追加されています。

今すぐバックアップ

基本的には、バックアップを取りたいデータベーステーブルにチェックを入れ、バックアップ方法を選択し、バックアップをクリックするだけの簡単設計です。

コメントやリビジョンのバックアップを取るか、WordPress以外のプラグインが生成したテーブルもバックアップを取りたい場合はチェックを入れます。簡単ですね。

WordPress

定期バックアップ

個人的にこちらが便利なので設定しています。

定期バックアップの期間を選択し、送信先メールアドレスを入力し、定期バックアップをクリックすれば、定期的に指定したメールへバックアップデータをメール送信してくれます。私はgmailへ定期的にバックアップするようにしています。

WordPress

最後に

より高度な機能が必要な場合は「WP-DBManager」を選択すべきでしょう。

ここ最近の自分の傾向として、「不必要なプラグインはなるべく入れない」「機能はできるだけfunctions.phpで対応する」考え方になっているので、個人的にWordPress Database Backupは必要最低限しかないので好みだったりします。

状況に応じて使い分けしてみてください。