0017

heteml&ValueDomainでのサーバ設定メモ

heteml&ValueDomainでのサーバ設定メモ

2012.2.19

今までDNSの設定自体の知識がとても曖昧で、かなりアバウトでやって来ていたため、Webサーバやメールサーバを移行したい時に非常に面倒な事になってしまっていました。これではまずいと思ったので、調べた事をメモしておきます。

環境例

どういう設定にするか

この記事は自分の例をメモしているので、ここでは以下のような内容とします。

ネームサーバはValueDomain提供のものを使用する

バリュードメインのネームサーバー変更→example.comを選択し、以下のように設定します。

DNSレコードで各種設定を行う

バリュードメインのDNSレコード/URL転送の変更→example.comを選択し、以下のように設定します。

a @ hetemlのサーバIPアドレス
cname www example.com
mx mail.example.com. 10
a mail hetemlのメールサーバIPアドレス

www.example.comでも、example.com(サブドメイン無し)でもアクセス出来るようにする

これは上記DNS記述の以下の部分に当たります。

a @ hetemlのサーバIPアドレス
cname www example.com

WebサーバおよびメールサーバをIP指定にしておく事で、サーバの移行にIPアドレスを変えるだけで済むようにしておきたい

これは上記DNS記述の「hetemlのサーバIPアドレス」「hetemlのメールサーバIPアドレス」に当たります。

サーバを移行・変更するような時も、ここのIPアドレスを新しいサーバのIPアドレスに変更すれば設定が変更されます。(多分w)

メールのPOP・SMTP設定時のアドレスを「mailXX.heteml.jp」ではなく、「mail.example.com」となるように設定する

ここではメールソフトの設定は省略しますが、 普通にhetemlのメール設定時に「mailXX.heteml.jp」と記載する箇所を「mail.example.com」と変更するだけです。

その他は一般的なメール設定と同じです。

もちろん、事前にhetemlのドメイン・メール設定→example.com→メールアドレス設定からメールを追加しておいてくださいね。

上記の設定で、私の環境ではメールの送受信および各URLへのアクセスを確認できました。

最初にも記載しましたが、これらの設定はheteml非推奨の設定ですので、実行は各自の責任でお願いします。