ニコニコ動画(一般会員)に再エンコードされないAdobe Premiere Pro CS5.5設定

動画制作

知り合いにニコニコ動画向けの動画作成を依頼されて、いろいろ試行錯誤した結果、ある程度納得のいく所まで出来たので、メモ。(諸事情により、実際の動画はありません。あしからず)

  • ニコニコ動画 一般会員用の設定です。(2012/4/4時点)
  • MacBookPro 2.4GHzデュアルコアIntel Core i5(Late2011)
  • MacOSX 10.7.3
  • メモリ16GB
  • エンコーダー:Adobe Premiere Pro CS5.5

書き出し設定

フィルタタブ
ブラー(ガウス)…チェック無し
マルチプレクサタブ
マルチプレクス…MP4
ストリームの互換性…標準
ビデオタブ
コーデック…MainConcept H.264 Video
テレビ方式…NTSC
フレームの幅…640
フレームの高さ…360
フレームレート…30fps
フィールドオーダー…なし(プログレッシブ)
ピクセル縦横比…正方形ピクセル
プロファイル…メイン
レベル…3.1
ビットレートエンコーディング…VBR、2パス
ターゲットビットレート…後述2
最大ビットレート…後述2
キーフレーム間の距離を設定…チェックなし
オーディオタブ
オーディオ形式…AAC
コーデック…AAC
出力チャンネル…ステレオ
周波数…44.1kHz
音質…
ビットレート…後述1
優先…ビットレート
その他タブ
使わないので空欄

後述1.音のビットレートを決める

まずはじめに、音声側のビットレートを決めます。これは作りたい動画によりますが、音声重視なら高めのビットレート、画像重視なら低めのビットレートを入力します。

128kbps、196kbps、256kbps程度のいずれかでいいでしょう。ここでは音声重視で256kbpsと仮定します。

一般会員の600kbpsって何?

ニコニコ動画の一般会員でよく聞く、600kbpsというのは何でしょう?これは、

「音のビットレート」+「映像のビットレート」=600kbps以下

…という意味になります。

映像で使えるビットレートを計算する

動画エンコード ビットレート計算機」にアクセスし、以下のように入力し、「計算」ボタンをクリックします。

再生時間
作成する動画の再生時間を入力します。(ここでは4:49とします)
音声
音声のビットレートを入力します。(ここでは256kbpsとします)
エンコード区分
どの動画サイト向けの動画を作成するのかを選択します。(ここでは、ニコニコ動画 一般会員を選択します)
ファイル容量上限
動画ファイルサイズの上限を入力します。(ニコニコ一般動画は40MBなので、40と入力します)
ビットレート上限(kbps)
最大ビットレートを入力します。(ここでは一般会員の最大ビットレートである、600kbpsを入力します。)
ただし、上記のファイル容量上限を入力してあれば、記入する必要はありません。

Adobe Premiere Pro CS5.5でニコニコ動画(一般会員)に再エンコードされない設定

計算の結果、390kbpsと出ました。ただ経験上、これでも微妙に多くなってしまうことがあります。
そこでこの数値から10〜20kbpsを引いた、370〜380kbpsをメモしておきます。

後述2.映像のビットレートを入力する

上記で映像に使えるビットレートは380kbpsだと分かりましたので、「ターゲットビットレート」「最大ビットレート」を入力します。Adobe Premiere Pro CS5.5は、単位がMbpsとなっていますので、以下のようになります。

ターゲットビットレート…0.38kbps
最大ビットレート…0.38kbps

エンコード及び結果を確認する

上記のように設定したらエンコードします。実際は、動画によって多少の揺れがあるので、期待通りの値になっているか確認をします。

QuickTimePlayerで作成したファイルを開き、ウインドウムービーインスペクタを表示を選択し、データ容量とデータレートを確認します。

Adobe Premiere Pro CS5.5でニコニコ動画(一般会員)に再エンコードされない設定

データ容量
そのまま、ファイルの容量です。
データレート
音+映像の総ビットレートを指します。上記画像では600kbpsを微妙にオーバーしていますが、なぜかニコ動画ではそのまま通りました。(噂では600〜650kbpsの多少のゆとりがあるらしい)

最後に

音声重視か、映像重視かはその動画の求めるものによって変わるので、自分なりの判断が必要ですので、各人で判断して設定してみてください。

参考