CakePHPのMVCとファイル構成の基礎

CakePHP
スポンサーリンク

MVC

cakePHPは、いわゆるMVCの考え方でプログラムを組み立てていくらしい。
自分なりの言葉でMVCを説明すると

Model
DBなど、データの処理を行う。Modelを組み立てる時は、Controllerで扱いやすい形に組み立てる。
Controller
全体の処理の流れを記載する。直接的な処理はせず、あくまで舵取り。
View
見た目。Controllerから処理したデータを受け取り、htmlで作成されたデータに処理した値を部分的に埋め込んでいく。

おおざっぱに言うと「入力を確認→データベースに書いたり、読んだりその他処理→結果をViewに渡す」流れ。

cakePHPのファイル構成

cakePHPのMVCは、それぞれ以下のフォルダに入る。

Model
app/modelsフォルダ下
Controller
app/controllersフォルダ下に入れる。ファイル名は、「名前(複数形)_controller.php」
View
app/viewsフォルダ下に適宜フォルダを作り(例:sampleフォルダ)その中にfunction毎のファイルを入れる。(例:index.ctp,add.ctpなど)