CakePHPのコントローラの基本的な書き方

CakePHP
スポンサーリンク

app/controllers/sample_controller.php

“`<?php
class SampleController extends AppController {

public $name = "Sample"; //コントローラーの名前。省略可。
public $uses = null; //このコントローラーで使用するモデル。使わなければnull
public $autoRender = true; //それぞれのアクションに応じて、自動的にビューのテンプレートを読み込むかどうか。
public $autoLayout = false; //レイアウト・テンプレートを使って自動的にページをレイアウトするかどうかを指定する
public $layout = "sample" //レイアウトファイル名の指定。拡張子不要。

function index(){} //処理がない時はこのように空にしておく

function result(){
App::import("sanitize");
$input = $this->params[‘form’][‘input’];
$result = Sanitize::stripAll($input);
$this->set("result",$result);
}
}“`

app/views/layouts

あとで