記事作成代行サービスに頼んでみた感想

このサイトとは別に個人ブログを運営しているのですが、1人では記事作成に限界があるため代行サービスに外注してみました。今回はその感想を書いてみたいと思います。

概要

  • 依頼先:Shinobiライティング
  • 作成依頼記事数:1
  • 依頼内容:とある書籍の書評(実際に購入して読んでいるもの)
  • 価格:1,000円ちょっと

Shinobiライティングを選んだ理由

おためしの意味合いもあったため、1記事から対応してくれる業者を探した結果、Shinobiライティングさんを選びました。他の作成代行は5,000円以上といった条件があるため選択肢から外れました。

依頼方法

他業者さんの方法は分かりませんが、記事タイトル、入れて欲しいキーワード、ですます調にするかの選択、ジャンルを選択…といった情報を渡して書いてもらう形になります。

代行サービスの文章は当たり障りのない内容

出来上がってきた文章は、オリジナルではあるものの当たり障りのない内容でした。実際に書籍を読んでいる人が選ぶのかなと勝手に想像していましたが、実際に書籍を読んでいないですね。

Shinobiライティングさんも、多くの人に書いてもらうため品質に多少ムラがあることを自身のデメリットとして正直に伝えています。今回はそれでも依頼した自分の判断の問題でしょう。

ちなみに最終的にその記事は載せられませんが、貰った内容をベースに面影がなくなるくらい手を加えて使いました。かえって時間がかかっていますw

どういう人が記事代行サービスを使うべきか

今回は書評なのでこのような結果だったのかもしれません。ただ一般的に考えて、この価格だとある程度の品質であっても仕方がないでしょう。でも「多少良いものが来るのではないか」という淡い期待がありました。そのため結果としてはう〜んと感じるものでした。

この件に限らず、すべては「目的」によるのかなと思います。

個人としてのブランディングに作成代行を使うのはダメだという、当たり前の結果が分かった事。

Webメディアではどうでしょうか?ニュースや事実を書くだけの無機質なものならいいかもしれません。メディアも結局はブランディング、一定のイメージを植え付けたいでしょうから、長い目でみたらやはり得策ではない気がします。となると、記事量産型の、人が引っかかればいいサイトに限定されそうです。

長い目で見た時に、自分らしい気持ちを込めて書く。メディアをやるなら、じっくり調整できるよう常駐で雇う。それが一番の近道なんだと当たり前の結果になりました。

大小はあれど、文章にもやっぱり魂は込められると思います。

WordPressの_e()と__()関数の第2引数について

WordPressの海外テーマを見ていると、知らない関数や引数がありました。今回は_e()と__()の第2引数についてメモ。

_e()と__()関数は?

簡単に書くと「国際化対応のための関数」です。WordPressは世界中で使われているので、こういった関数があるんですね。

基本的に、第1引数は記載した「英文」を、第2引数は記載した「ロケール」に応じた翻訳を見ます。蛇足ですが、第1引数には必ず英語を入力するようにしましょう。

__('英文', 'ロケール');
_e('英文', 'ロケール');

第2引数の「ロケール」とは?

やっと本題ですw。第2引数の「ロケール」とは、翻訳ファイルを区別するための名称だと思ってください。例えば以下のようなコードがあったとします。

_e('hello world', 'hoge');

すると、wp-content/languages/hoge.moのファイルを見て、記載された翻訳を表示する流れです。

メーカー別ルーター初期URL・パスワード一覧(随時更新)

ルーターとかのアクセスURLがいつもわからなくて(マニュアルなどをなくしてしまって)その都度調べているのでメモ。

はじめに

  • 最近のルーターであれば、通常ブラウザから設定を行います。
  • これらの情報はあくまで工場出荷時の初期値です。
  • 機種によって異なる場合があります。(特にNEC系は様々な種類があるようです)。
  • IDやパスワードは基本変更されていると思いますので工場出荷時の参考として載せておきます。
  • 機種によっては、パスワードが機械本体のシールにかかれている場合もあるようです。
  • 機種によっては、PCだと使えるが、スマホだと行けない(IPアドレスが異なる)場合もあるようです。
  • URLの頭についている!マークは、ブログカードにしないための処理です。

NTT西日本 CTU設定

  • https://ctu.fletsnet.com/CtuC101/init.do

  • 「◆フレッツ・光プレミアムでご利用頂ける基本機能◆」と書かれた紙に記載されている、「お客様ID」と「アクセスパスワード」を入力。

NTTルーター

バッファロールーター

  • !http://192.168.11.1/

  • ユーザー名:admin パスワード:password

  • またはユーザー名:root パスワード:(空白)

NECルーター

NECは機種によってURLが非常にたくさんあるようです。そのため代表的なものだけ記載します。

PPPoE、ローカルルータモード

  • !http://192.168.0.1/

  • ユーザー名:admin パスワード:任意(初期起動時に設定する)

アクセスポイントモード

コレガ(corega)ルーター

コレガは機種によってURLが非常にたくさんあるようです。そのため代表的なものだけ記載します。

アイオー・データ(io data)ルーター

ロジテック(Logitec)ルーター

プラネックス(PLANEX)ルーター

  • !http://192.168.1.1/

  • ユーザー名:admin パスワード:password

  • ユーザー名:(空欄) パスワード:password

ヤフー(yahoo)ルーター

  • !http://172.16.255.254/

  • ユーザー名:user パスワード:user

  • ユーザー名:ybbuser パスワード:ybbuser

参考URL

シンプルなAmazonアフィリエイトリンク作成bookmarklet

このブログにもアフィリエイトリンクを貼ろうと思い、シンプルなブックマークレットを作ったのでメモ。

確認環境

  • macOS 10.12
  • Google Chrome 55.0.2883.95

ブックマークレットコード

ブックマークを登録する感覚で、以下のコードを入れてください。「★★★-22」部分は、ご自身のアフィリエイトIDに差し替えてください。コードの文字数を減らすために、1行になっていてみづらいですが、このまま使用してください。

javascript:(function(){var aff='★★★-22';var title=document.getElementById('productTitle').innerText;var asin=document.getElementById('ASIN').value;prompt('affliate code','
'+title+'
');})();

使い方

リンクを作成したいamazon個別ページへ移動し、ブックマークレットを起動してください。個別商品のページでないと動きません。

CSSはご自身で設定してください

このコードは素の状態です。設定の元になるSCSSコードの器を記載しておきます。各設定はご自身で。

//SCSS
.amazon_aff{
    dt{
        a{
        }
    }
    dd{
        a{
        }
    }
}

サンプル

実際にブックマークレットで生成したコードのサンプルです。

アピカ カバーノート パーソナル 7mm横罫 A5 NY24K 黒

私がブログをメモ代わりにする理由

月並みな理由ばかりですが、私がブログをメモ代わりにする理由を書いておきます。

人は忘れる

私はいい年齢のオッサンですがw、年齢を重ねる事に記憶は忘れていきます。これはまぎれもない事実です。

「技術的情報を調べる」→「解決」→「メモしておかず忘れる」の繰り返しです。前に調べた事をまた調べなおすのは時間のムダですから、メモはしておいた方がいいのです。

メモは面倒。だけどした方がいい

プロゲーマーの梅原大吾さんの講演動画をみて「なるほどな」と思ったことがあります。自分が昨日より1つ成長したものを見つけるといい、という事を話していた気がします。

少し視点を変えたり、すごく小さな成長でも学んだことは必ずあるんですよね。そうした学んだ事をメモしておくことで、自分は「これだけ成長したんだな」と振り返り、実感できるものになりえると思います。ノートでも、ブログでも何でもいいでしょう。私はブログが一番ラクな手法なのでそうしています。みなさんもきっとブログが一番ラクなのではないでしょうか?

自分の考えや、感じた事も学びなんだ

自分は今までブログのような公の場で自分の考えを書くことに苦手意識を持っていました。別に読みたくないでしょうと思うからです。でもこのブログは個人的なメモサイトだし、「自分が思った事」も自分の学んだ事だと考えると、書いてしまってアリなのかなと思えるようになってきました。

数年後、思った事を振り返って「あ〜、恥ずかしい事書いてるな〜w」「この頃から考えが変わったな〜」「この時の考えは間違っていたな」とか感じることができれば、メモも無駄ではないと思います。

.bash_profileと.bashrcの関係を知り.bashrcで一元管理する

黒い画面を触っているとよくわからなくなってくるのが「.bash_profileと.bashrcの違い」。今回はその違いと、.bash_profileから.bashrcを読み込んでもらい、一元管理する方法を記載します。

確認環境

  • macOS 10.12

.bash_profileとは、.bashrcとは

.bash_profileは、起動時に一度だけ読み込まれる設定のようです。

.bashrcは、毎回読み込まれる設定のようです。

.bash_profileから.bashrcを読み込む

設定がどちらに書かれているのがわからなくなると管理的にも煩雑になってしまいます。なので、.bash_profileから.bashrcファイルを読み込み、.bashrcに記載した設定を読み込む方法です。

.bash_profileを開く

.bash_profileは、「/Users/ユーザー名/.bash_profile」にあります。環境によってはファイル自体がない場合もあります。その場合は、新規で作成しましょう。

cd ~/
vim .bash_profile

設定を記入する

以下の1行を入力し、保存終了します。

  • 入力モードに入るにはiキーを押します
  • 入力モードから抜けるには[esc]キーを押します
  • 保存するには、:キーを押した後、:wqと入力し、[return]キーで確定します
source ~/.bashrc

.bashrcを開く

.bashrcは、「/Users/ユーザー名/.bashrc」にあります。.bashrcも環境によってはファイル自体がない場合もあります。その場合は、新規で作成しましょう。

cd ~/
vim .bashrc

設定を記入する

.bash_profile同様に設定を入力し、保存します。

.bash_profileを再起動する

Terminalで以下のように入力し、[return]キーで確定します。.bash_profileが再読込されます。

source ~/.bash_profile

まとめ

Terminalの機能をただ使うのもいいですが、そうした設定を一元管理しておく事で、環境が変わっても素早く自分好みの環境を整えることができます。ぜひやってみてください。

MacでTerminalの.bashrcにエイリアスを設定する方法

コンピューターの黒い画面化が少しづつ進んでいますw今回は、.bashrcの設定をしたので、メモしておこうと思います。

確認環境

  • macOS 10.12

.bashrcはどこにあるか

/Users/ユーザー名/.bashrcにあります。ちなみに、.bashrcとセットでよく出てくる.bash_profileは、/Users/ユーザー名/.bash_profileにあります。

.bashrcを設定する

主にエイリアスの設定になります。エイリアスというのは、よく入力するコマンドのショートカット文字列を設定することができます。

#リスト表示+色付け+フォルダの末尾に/をつける
alias ll='ls -a -CF -G'

1つ上の階層に行くのを簡単にする

alias ..='cd ..'

1つ上の階層に移動し、さらにlsを実行うする

alias up='cd ..;ls -a -G'

vimを起動するつもりが、間違ってviを起動しないように、viの文字列でもvimと入力した事にする

alias vi='vim'

git関連のコマンド。状況をよく確認するので。

alias gs='git status'

現在開いているディレクトリをMacのFInderで開き直す

alias f='open .'

現在開いているディレクトリの結果をクリップボードにコピー

alias pwd='pwd | pbcopy'

まとめ

いかがだったでしょうか?黒い画面は文字を入力することが主な作業のため、時短テクニックは必須項目ですね!何度も入力しているなぁと感じたらエイリアスの設定を検討してみましょう。