2つの会社を断捨離しました

フリーランスという仕事をしていると、当然企業様との付き合いをすることもあるのですが、今年は2つの会社(お客様)を断捨離しました。

断捨離した理由

断捨離した理由は非常に簡単で、費用未払いだからです。

昨今は「お客様は神様だ」という言葉も陳腐化しています。私も最近は対等だと考えを改めるようになっています。

もし仮に「神様」だったとしましょう。それは「お金をしっかり払ってくれる」事が大前提である事は、誰に聞いても同意してくれるでしょう。

今回断捨離した2社は、どちらも費用が未払い、連絡をしても口だけで一向に何も変わらなかったり、そもそも電話にでない、内容証明を送っても受け取らないなど、相手に対して不誠実な方ばかりでした。

そういった人を神様だと思い続けたくもないし、対等にいることでさえも無駄に思えてきます。昨今「不況だ、不況だ」と言われていますが、こういう対応することが、自らの経営の首を締めることに気づいていないようです。残念ですね。

本当によくしてくれているお客様へのサービス減につながる

こうした一部の面倒なお客に対応する時間が増えることで、本当によくしてくれているお客様へのサービスが下がってしまう可能性が起きることもあります。それは避けねばなりません。

1割の悪質な客のためにさく労力を、9割のよい客に向けて力を入れるほうが、健全でしょう。

証拠を残すことが大切

こういう面倒な客は、終わってからも面倒な事が多いです。自己防衛のためにも、内容証明を送ったり、その人に対して行った自分の行動を詳細にメモしておく事が大切です。
また、司法書士などの第三者を入れておく事が大切です。いくら証拠を残しても、自分の言葉を真だと判断するのは難しいからです。ちなみに私がメモしておいた内容は以下の様なものです。(日付や特定の情報に関わる部分はふせてあります。)

・XX/XX 書留で請求書を郵送→XX/XX届かず返送される
・XX/XX ○○さんに電話。住所に変更ないことを確認
・XX/XX 14:53 ○○さんに電話。サーバの請求の話をする。SSLについて頼まれた。また電話するとのこと。
・XX/XX 13:33 ○○さんに電話するも不通。
・XX/XX 司法書士○○さんに相談。
・XX/XX 特定記録で会社と自宅に請求書を郵送。文書でXX/XX迄に振り込んでもらう旨記載
・XX/XX 13:06 携帯にかけるも、拒否されている。会社電話に掛ける。留守電だったので、XX/XXまでの件、すぎると解約の件を留守録した。
・XX/XX 9:22 通帳入金を確認したが、入っていなかった
・XX/XX 9:24 サーバ停止
・XX/XX 14:30 内容証明を送付
・XX/XX 14:50 通帳入金を確認したが、入っていなかった
・XX/XX 09:29 通帳入金を確認したが、入っていなかった
・XX/XX 09:30 通帳入金を確認したが、入っていなかった

さいごに

今回の2社による損害はA社…約4万円、B社…約19万円でした。フリーランスにとっては痛い損害です。
こういったマイナスの案件は、次の年に引きずらないように、今年中に処理してしまいたいですね。来年を新たな気持ちでがんばれるように。

今年始めた投資が次々と大幅な下げ傾向で、心がざわつきます

今年、いろいろなものに少しづつ投資をしてきました。もちろん余剰金ですよ。
でも投資を初めて最初の年でもある2018年末にかけて、国内株式、米国株式、投資信託と次々と下げの傾向になっています。これは心がざわつきますね。
今後どうしていこうかを改めて考えていきます。

結構耐えられると思っていたけど

多少の下げは仕方がないことは頭で理解できていても、今回のような大幅な値下げは、正直心がざわつきます。各投資したものについて「機械的に処理した方がいい」とよく聞くので、自分の中でルールを改めて見直してみます。

国内株式はどうするか

私は現在、マクドナルドと吉野家を持っています。ですが2018.12.25時点でどちらも含み損です。

  • マクドナルド…-73,025 円(2018.12.25時点)
  • 吉野家…-15,913 円(2018.12.25時点)

どちらも優待目的の購入です。ですから、しばらく保持することにします。ただし、以下の場合は即売るルールとします。

  • 株主優待の内奥が現在から改悪されたとき
  • 許せる含み損まで上昇した時

「許せる含み損」は、購入金額から約-5%程度まで上昇した時とします。
ちなみに、2018.12.25時点で約-8.54%まで落ちています(泣)。

  • マクドナルド……株価4,944円まで上がったら売る
  • 吉野家……株価1,761円まで上がったら売る

米国株式はどうするか

私は現在、JNJ(11株)、KO(25株)、PG(15株)を持っています。ですが2018.12.25時点ですべて含み損です。
こちらも長期保有を前提で購入しているので保持していきたいです。

KOとPGは世界同時的に株安になった影響という印象があるため、各企業に懸念材料を感じられないので、そのまま保持でしょう。
ただし、JNJについては、ベビーパウダーのアスベスト問題が発生しました。JNJの会社自体が倒産するような危機はなさそうなものの、集団訴訟などに発展しそうです。
JNJがちゃんと訴訟をしながらも、ブランド維持をできるような企業としての動きができるような保持、そりゃないでしょ、と言った動きがあったら売り、という感じになるでしょう。これほどの大企業ですから、ブランドと訴訟の両方を維持し続ける事ができると信じつつ、様子を見守りたいと思います。

投資信託はどうするか

100円投資も含めて、20銘柄以上の商品に投資しています。ただし、大半はまだ数百円の状態ですし、100円投資が楽天にとって正常ではないやり方の可能性もあるため、現在はやめています。

  • 100円投資をしていた数百円の小さな商品については、積み立てていない以上保持する意味がないので、損切りで売ってしまおうと思います。

私のメイン投資信託は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」です。
これは、毎月の投資の他に、大幅値下げした時に20万円ほど追加投資もしています。
積立はやめませんが、金額を5000円に減らして様子をみたいと思います。
でもここまで落ちる事はめったいにない気もするので、もう10万円ほど投資したいんですけどね…wちょっと怖いですねw

細かく売って溜まった少額(数千円)は、債券系の投資信託を買おうかと思っています。よく言われるのが、株価が下がると債券は上がるというのがあるので。eMAXIS Slim 先進国株式インデックスほどお金はつぎ込みませんが、楽天ポイントとかを当てていきたいなと思います。

さいごに

様子見が多い感じになってしまいましたw

最後の債券を買おうと思ったのは、なにかしらプラスになっているものがないと、心がざわつくためです。気休めかもしれませんがw、プラスが一切ないのは、けっこうきついものがありますからね。

とりあえずこれで半年くらい様子をみていきたいと思います。

「断り方」がフリーランスには重要である

今日、とあるイベントにでかけた際「なんだかな〜」という出来事があり、ちょっと思うところがあったので書きたいと思います。

どんな出来事があったか

今日地元駅前でフリーマーケットのイベントがありました。100近い出店があり、食べ物やアクセサリーなど、いろいろな商品を販売していました。

その中で私達も似たようなイベントを企画しており、出店しているお店に「よかったら出店お願いします」と気になるお店にPRに回った時の事です。

そのお店は「魚のしらす」を売っているお店だったのですが、空いている時に一言話そうとすると、すぐに「いらない」と言い出してきました。

私と友達は「(あ、これはダメだわ)」と思い、すぐにその場を離れました。この一連のやりとりに、何が問題があったのでしょうか?

商売人としての接客がダメすぎる

商売というのは、人とのつながりが一番大切です。中には、絶対唯一の商品をもって、それだけで経営が成り立つところもあるかもしれませんが、大半はそんなことはありません。

今回のようなフリーマーケットも、そこに客が集まるから出店したいと思っているはずです。

残念ながら、この「魚のしらす」を売っているお店は、何かも分からないまま断ることで、せっかくのチャンスを無にしているに加え、「今後頼まれても、呼びたくないな」という負のイメージを持たせる結果になりました。

断る場合の対応方法

では、こういう時、どういうふうに断ればよかったのでしょうか?

私の場合、以下のようにしています。あ、もちろん話を聞いて気になるものであれば、しっかり聞いてくれればいいですよ。

  • どんなに興味がなくても、その内容を聞く
  • あまり相手の話が長くならないようにする(5分以内)
  • 「必要がないから、いらないです。申し訳ありません。」と理由を言う。最後に謝るのがポイント
  • 断る際、下手な理由をつけない

どんなに興味がなくても、その内容を聞く

毎回、興味のある話ばかりではないでしょう。私の場合、全く興味のない不動産の話や、通信会社変更の話など、よく勧誘電話がきます。

その人は、良いと思うものを売ろうとしているのだし、将来そこからどんなつながりがあるか分からないのですから、無下に対応しない方がいいでしょう。

あまり相手の話が長くならないようにする(5分以内)

ほとんどの勧誘は、1〜2分と言ったところでしょう。でもいくら内容を聞くと言っても、あまりに長時間拘束されるのは苦痛でしょう。私もそうです。興味がないものは、適度に短く話を終わらせていくことも大切です。

はじめに「数分なら話を聞きますよ」というのも効果的です。長くなった時に「あまり時間がないのだけど」ということもできますので。

「必要がないから、いらないです。申し訳ありません。」と理由を言う。最後に謝るのがポイント

断る時は、必要ないのでいらないとわかりやすく言いましょう。ただしその時、強い口調で言ってはいけません。あくまでやさしく、下手にでるような言い方で、でもはっきりと断る言い方が望ましいです。

向こうから勧誘してきたのに、なぜこっちが謝るの?と言われるかもしれませんが、ここで言う謝罪は、失敗の謝罪ではなく、「申し訳ないね、悪かったね。」という意味の謝罪ですので、全く気にする必要はありません。

こういう流すようなことに対して、いちいちプライドとか考えていたらキリがありません。サクッと終わらせることが吉でしょう。

断る際下手な理由をつけない

断る際、変な理由をつけない方がいいです。

例えば「お金がないから」と言うと「じゃあ、お金があったら契約してくれるの?」と逆に変な期待をもたせてしまいます。

いらない、必要ないので、とシンプルに言うのが一番わかり易いでしょう。

最後に

仕事というのは、お互い様です。みんながそれぞれ、自分の商品を売ったり買ったりして行きているのですから、極度な悪質勧誘でなければ、軽く聞いて、軽く断るでいいと思います。

タイトルに「フリーランス」とつけましたが、それ以外でも通用する話でしょう。

created by Rinker
¥3,000 (2022/09/30 09:25:10時点 Amazon調べ-詳細)

フリーランスで10年以上やってきて問題のある企業・社長の傾向(主観入りまくり)

なるべく毒吐いた事は書かないようにしているのですが、たまにはね^_^

はじめに

ここに書いた情報は、私が個人的に経験したことを書いています。一般的な感覚に合っていない可能性もありますのでご了承ください。

お金は払わないのに要望を出す

私は仕事柄、ドメインやサーバーの管理も行っています。9割が常識のある会社の方たちばかりなのですが、1割面倒な会社さんが存在します。

サーバーやドメインの代金を払わないのです。何度も催促して、特定記録を送ったり、内容証明を送ることで払ってもらえたり、共通の知り合い経由で言ってもらうことで払ってもらえたりと、毎年毎年面倒なことになっています。

おそらくそのお客様にとっては私のことをだいぶ下に見ているのでしょう。こういった基本的な費用を支払わない割に、新たな要望をしてきたりします。例えば最近流行の全体サイトSSL化など。いい加減毎年やるのがめんどくさくなっているので、今年は司法書士等を挟みながら、契約解除の方向にもっていく予定です。

塗装業者

仕事柄、塗装業者のホームページ制作をすることもあります。上述のお金を支払わない人も、塗装業者です。私がたまたまなのかもしれませんが、3社ほどお付き合いがある中で、どの会社も一癖、二癖ある企業ばかりでした。

塗装の技術としては、立派なものを持っているのかもしれませんが、外注に対して誠実にお金を払えないような企業、ギブアンドテイクを理解できない企業、できないことを依頼しているのにそれに対する対価を払わない企業。塗装業界にはそういう方が多い印象があります。

コンピューターのことに詳しくない事を理由に安く依頼する人

私は仕事柄、コンピューターの基本的なことやウェブサーバードメインなど、いろいろな知識があります。

一方でコンピュータ業界以外の人にとっては、これらの技術はさっぱりわからないものです。わからないこと自体は仕方がないと思いますが、知らない技術を頼んでいるのにも関わらず安い価格でやってもらおうと考える人ばかりが多いです。

おそらくコンピューター業界が一時期、「0円でできる」「無料でできる」と謳いすぎたせいで、その後、業界価格が一気に破壊されてしまった、もしくは安価で当たり前と言う考えになってしまっています。その影響がいまだにあるのではないかと想像します。

サービスが無料と言うところはもちろんありますしそれ自体を否定するわけではありませんが、それを代行で行うと言う事は作業量、手数料がかかるのは当然のことでしょう。フリーランスになりたての頃は、それであっても「その人を助けられる」と言うことで結構仕事を受けてきましたが、最近は、あまりにひどい企業に関しては、断ったりしています。

最後に

フリーランスとしてやっていく中で、すべてのクライアントが優しく理解のある人とは限りません。それ自体はいろいろな人がいていいと思うのです。

ただし最低限の事、請求金額を正しく払うこと、相手の職業を下に見ないこと。自分自身に降り注いだ企業との家のやりとりを改めて書き出すと、自分も気をつけていかなければならないと認識しました。

「誠実に。」この言葉が本当に大切だなと感じました。

Microsoft Office系製品(Win)のプロダクトキーは購入時と実際の製品では異なる

Microsoft Office系製品を使わない日はないでしょう。Macを中心とした生活をしている私も、Mac版の他にWindows版も購入して使っています。

以前仕事でインストールの補助をした時に、タイトルの件を勘違いしてしまい、新たにライセンスを購入する事になってしまったので、失敗談も兼ねて書き記します。

プロダクトキーとは

Microsoft Office系製品(Win)におけるプロダクトキーというと、オンラインで購入したり、物体としてただのカードがあり、コインで削ることでキーがわかるタイプなどがあります。例えば、以下のようなものですね。

そもそもMicrosoft Office系製品のライセンス形態がわかりづらい

Office系製品のライセンス形態は、本当に分かりづらいですよね。考え方としては、以下のようになります。

  • Office製品に紐付けるためのアカウントを作成する
  • 一度紐付けると変更ができないので、長く使うことを想定し、メルアドやアカウント名を考えた方がいい

では、購入した時にもらえるプロダクトキーとは、何でしょうか?

購入時のプロダクトキーは、ダウンロードキーのようなものだと考える

購入時のプロダクトキー、特にダウンロード版を購入した時のキーは、言い方を変えるなら、ダウンロード認証キーのようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。

そのダウンロード認証キーで承認し、ダウンロード→インストールした後、Office.comにログインし、登録した製品のキーを見てみてください。おそらく、インストール時に入力したキーとは別ものになっていると思います。

どうやらOffice製品には、「ダウンロード認証キー」と「製品そのものにつくキー」のどちらも「プロダクトキー」という言い方になっているようです。ここが混乱の原因です。

最後に

上述のように同じ名前で2種類のものがあるため、メモをしわすれてしまったのです。

再インストールすることを考えて「プロダクトキー」を控えて置くべきですが、「ダウンロード認証キー」と「製品そのものにつくキー」の2種類を控えておく方がいいでしょう。私のように、控え忘れて再インストールができなくならないようにね^_^;

ブログのサムネイルに関する、身も蓋もない事実

最近、ブログ記事を頻繁に書くようになって思ったことが1つありました。実にしょうもないのですが、効果は意外とあると言うものです。

かわいい女性のサムネイルにする

ブログ記事にサムネイルをつける行為はよくありますよね。アイキャッチとして何かしらの写真をつけることは必須だと思います。その写真をかわいい女性の写真に変えてみて下さい。悲しいことですが、その写真のおかげでアクセスしてくれることがあります。

やり過ぎはよくない

女性の写真でアクセスが増えるのか、じゃあ全部の写真を女性にしようと思ったそこのあなた、ちょっと待ってください。ブログも、人生も、やり過ぎはあまり良くありません。バランスが大切です。

例えば、コンピューターの話題なのに意味もなく女性の写真が出てきたらちょっと違和感を感じませんか?女性の写真の方がアクセスがあるとは言え、適材適所の写真を選択することが大切です。

例えば人の心理に関わるようなブログ記事を書く場合、男性と女性恋愛に関することを書く場合、に効果的だと思います。

動物も効果あり

犬、猫、その他の動物も同じ事が言えるでしょう。それら動物の表情とリンクさせたサムネイルを使ってもいいし、動物に関連することに使うのもよいでしょう。

最後に

ブログ記事に撮って、写真はイメージでしかありません。もちろん、説明のための豆などは重要だとは思っていますよ。

そんなイメージ写真ですが、効果的に使うことでうっすらとその写真のイメージを植え付けることができるかもしれません。

やりすぎないように注意しながら、バランスよくそして効果的に写真を使っていきたいですね。

茜さや #大好き [DVD]

アクセスのあるブログ記事は小さなまとめではないか説

ブログを定期的に書くようになっています。そうすると、せっかくならアクセスのある良い記事を書きたいと思うのはブロガーさんみんなの希望ではないでしょうか。個人的にイメージが固まってきたので、それについて書きたいと思います。

小さなまとめが重要

例えばこの記事をご覧ください。

この記事は、jQueryを覚えたての時に、on要素を中心に使っていこうと思った時にどんな種類があるのかわからず、それを自分なりにまとめたものです。

次にこちらをご覧ください。

こちらは、仕事でお客様の仕事場のルーター設定を行う時に、初期URLやパスワードがわからず時間をかなり使ってしまったと言う経験から、個人用としてまとめたものです。

さらにこちらをご覧ください。

ディックブルーナ、ミッフィーちゃんの事ですね。あの色は何色を使っているんだろうと思った時に製作者がデータをTwitter上にあげていたため、そこからRGB情報を調べて掲載したものです。

これらの記事は、当サイトで常に上位に来る情報です。このようにかなりマニアックですが、必要とされている情報もしくは知りたい情報をまとめておくことが、長く使われ腐らない情報なのではないかと考えます。

時間短縮のできる情報

インターネット上にはたくさんの情報が溢れています。そのため、大抵の事は調べればすぐにわかるでしょう。しかし、時間がもったいないのです。ですから検索する人たちはまとまった情報、わかりやすく整頓してくれた情報に引き寄せられる傾向があると私は考えます。

相手の時間を縮めてあげる情報提供する。そのかわり広告を表示してお金をもらう。この流れが1番理想的でしょう。

腐らない情報

私が最近ブログ記事を書く上で意識している事は、書いた情報が長持ちするか、つまり腐らないかって言うことを考えています。

ブログを書く行為というのは意外と時間がかかりますし、せっかく書いた記事が誰にも読まれないのは寂しいものです。ですからなるべく人の役に立つような情報を書きたいです。

最後に

時間がかかりましたが、ようやくここまでの方向性は見つけました。後はそれに対応した具体的なネタを見つけるだけです。でもそれが難しいんですよね^_^

最近私が、フリーランスと言う立ち位置を長年続けてきて得た情報を書くようにしています。それは自分が出てきた経験だし今後フリーランスを行いたいと言う人の役に立つ情報、つまり腐らない情報だと思うからです。

なのでいろんな人と話をする中で、「私にとっての当たり前」と「相手にとっての初めて」の事を、意識していることで、結果的に誰かの役に立つブログ記事を書くヒントが得られるでしょう。

created by Rinker
¥1,470 (2022/09/30 14:44:05時点 Amazon調べ-詳細)

ブログに「思う」と言うキーワードを入れずに言い切ってみよう

私が文章書くときの癖なのですが、「〜思います」と言う言葉を多用しています。しかしこれはあまり良くないのかなと考え、なるべく減らしたり、推敲の段階で調整をしています。

「思うが多いと」自信がないように見える

「思う」と言う言葉を使うと言う事は、発言した言葉、ブログの記事の内容に対して自信がないように見えてしまいます。

もちろん、医療関係のようなナーバスな情報に関しては「思う」と言う言葉を使うべきでしょう。しかし自分の実体験によるものであれば言い切ってもいいと思うんです。

仮にそれが他人にとっての失敗談だったとしても、それを気にする必要がないからです。以前の私は、相手の失敗まで気をつかってしまい、〜思う、〜思うと繰り返していました。

自信を持てばいい

自分の体験談、感じた事は、誰がなんと言おうと自分の中の正解であり、言い切って良いことのはずです。だから言い切りましょう。

間違ってるなら謝れば良い

自分の経験をもとに書いた記事なのだから、それを読んだ読者が実践して失敗したとしても本来であれば謝る必要はないでしょう。

でも、謝っておけばいいのです。それが大人の世界なのですから。謝った上で、訂正したり、自分の意見を述べたりましょう。それで充分だと思います。

最後に

「〜思う」と言うキーワードは非常に使いやすい単語です。とりあえず「思う」と言っておけば、何かがあってもどちらでも方向転換が効く便利な言葉だからです。みなさんも、自分で運営しているブログの時くらいは、間違ってもいいから自分の想いを言い切りたいですね。

フリーランスの外注費・経費支払いは楽天カードがお得!

フリーランスをしている人の大半が、外注への支払いにクレジットカードを使っていると思いますが、個人的に楽天カードを使うことが1番お得だと感じ、実際に実践していますのでそれについて書きます。

ネットサービスが多い時代

現在はネットサービスが非常に多い時代と言い切って良いでしょう。何をするにもインターネットを経由することで完了してしまうことが多いです。特にIT系、デザイン系などはインターネットがなければ何もできないと言う位なくてはならないものとなっています。

ですからそうしたサービスに対する対価を支払う時も、なるべくクレジットカードにしています。

確定申告が楽になる

楽天カードは、多くの人が使っているため、クラウド経由の確定申告でも、楽天カードの情報を自動で収集して、入力する手間を省いてくれます。

フリーランスの、特にデザイナーやIT系の仕事をしている人は、わざわざ税理士に頼むほどのものではありません。なぜならものを押し入れたりすることがほとんどなく、基本的にサービスを売っているからです。

ですから入力されるものにもある程度パターン化されており、最初の1年から2年頑張れば、後はパターン化して処理することができます。

楽天ポイントが貯まる

これが1番のメリットかもしれません。外注費によっては100,000円とか、数十10,000円をカードで支払うこともあるでしょう。その全てが楽天ポイントとしていくらかが還元されます。

購入するのはアマゾンなので、楽天ポイントは使いづらいよ、と思う人もいるでしょう。そんな時は楽天ポイントで無理して商品を買うのではなく楽天証券を使って投資信託などに変換すればいいのです。

現在楽天ポイントを中心とした経済圏が確立されており、楽天証券も今年になって加わりました。

フリーランスはどうしても不安定な時期がありますので、お金でお金を稼いでもらうと言う意味で、投資信託に楽天ポイント投資していくことも重要でしょう。

仮に毎月20,000ポイントぐらいあれば、かなりの歳になると思いますよ。実際私が得ている楽天ポイントは2,000ポイント程度ですが、それらを全て投資信託に回すようにしています。

楽天銀行と紐付けることができればさらにグッド

私は、昔から使っている三菱UFJ銀行があるため行っておりませんが、入金される銀行先も楽天銀行にしておくとさらにお得です。

最後に

楽天カードを使うと言う事は、楽天の経済圏に入ると言うことになります。中にはそれを嫌がる人もいるかもしれません。

しかし、合理的に考えて楽天ポイントは強すぎます。これらをうまく活用してフリーランスの生活をもっと向上させていくことの方が重要だと思います。

これからフリーランスを目指そうと思っているそこのあなた、やるならぜひ楽天カードでやってみてください。

created by Rinker
Amazonギフト券
¥5,000 (2022/09/30 00:15:12時点 Amazon調べ-詳細)