日報書くようにしました

最近無駄なことを覚えておくこと自体が疲れてしまうため、そして仕事上の重要な判断を忘れないようにするため、日報を取るようになりました。今回はこれについてメモしたいと思います。

どこに日報を書くか

日報を始めるにあたりどこに書くかすごく迷いました。結論から行くとGmailに日報を書いて自分自身にメール送信するように設定しています。

Gmailであれば後から検索も簡単ですし、何月何日に何をしたという情報がすぐに引っ張り出せると思ったからです。

下書きを自動で生成するように

毎日の日報をなるべく簡単に済ませるために工夫をしました。

それは日報のフォーマットをGmailの下書きに自動で挿入する仕組みを作ったことです。

GmailにはJavaScriptを使った様々なプログラムが用意されており、その機能を使って毎日決まった時間に日報のフォーマットを下書きに入れるようにしています。

詳しくはこちらを参照してください。

日報以外の情報もついでに

せっかく日報という作業を毎日行うのですから、日報以外の情報も書いています。

といっても大した内容ではなく、その時に行った行動、食べた食事などです。

最後に

日報にかかる時間をなるべく最小限にしようと思っているためこのような形になりましたが、して正解でした。

現代は情報量が多すぎるため、覚えていること自体が疲れる行為となります。

せっかくのデジタル化社会ですから、逃したりメモすることで本当に人間が行うべきクリエイティブな作業に集中すべきだと思います。

そうやって自分の毎日の行動を見直すことでより合理的に正確に価値のある仕事ができると思っています。

断捨離をしたおかげで自動お掃除ロボットを動かすことができるようになった

私の会社の事務所はそれまでモノにあふれていました。過去記事にも書きましたが断捨離をすることで部屋が非常にすっきりしその結果事務所のフローリングをお掃除ロボットで毎日きれいにする新しい習慣ができました。

床は本当に汚れている

私の事務所は部分が土足でOKのため汚れがついていました。

私は毎朝ロボット掃除機を動かしているのですが、毎日行なっているにもかかわらず、ロボットの雑巾は非常に汚い状態でした。

お掃除ロボットについて

私はお掃除ロボットは以下の製品を使っています。

またバッテリーを一つ追加で購入し、前の雑巾も多く購入してローテーションで使っています。

【POWERGIANT】 iRobotブラーバ ジェット Braava jet 240 3.6V 2000mAh バッテリー 241 244 245 リチウムイオンバッテリー 自動掃除機 充電式クリーナー用互換
POWERGIANT

当初は洗剤など使わず水にしていましたが現在はウタマロ石けんのスプレータイプをほんの少し入れて薄めた洗剤を床に吹きかけた状態でロボットを掃除を動かしています。

最後に

部屋を断捨離しを減らし毎日の面倒な掃除をロボット化することで、部屋は綺麗になるしものの多さによる思考能力が低下しなくなった気がします。

すっきりした部屋は素晴らしいですね。

イライラした時に私が行なっていること

前回の記事の続きです。イライラするようなことが起きた場合、そんなイライラとした気持ちはさっさと捨てて次へ進むべきです。そう気持ちでは分かっているものの、なかなか気分転換できないのが人間ですよね。今回は個人的に行っているイライラの解消方法についてメモしておきたいと思います。

深呼吸をする

単純なことかもしれませんが、効果があると思っています。私たちの生活を振り返ってみると、新鮮な空気をしっかりとすって吐き出す。こうした行為をしていない気がします。

もちろん空気自体は吸っているのですが、浅い空気と言いますか、新鮮な空気が体中に巡っていないような吸い方をしている気がします。

ですから空気のきれいな外に出かけて思いっきり深呼吸をしてみてください。また窓はしっかり開けて換気をすると良いでしょう。

ガムを食べる

食べて意識を口に集中していることで、意外にもイライラは無くなっていきます。

科学的な根拠はわかりませんが、口を動かすという行動がストレス解消の一端を担っているのかもしれません。

ウォーキングする

これは私がコンピューターを使った仕事を行っているからかもしれませんが、外に出て歩く、ただこれだけの行為でが解消されたりします。

後からどうしても運動不足になりがちなので、ウォーキングを行うことで一石二鳥になるといってよいでしょう。

最後に

イライラは百害あって一利なし。そう言い切れます。

さっさとイライラは解消して、新しいことにチャレンジしたり自分の意識がプラスになるような行動を心がけることで、イライラ異常のプラス要素がきっとやって来ると思っています。

YouTubeがいかに自分の時間を奪っていたか

私は最近テレビは見ていません。でもYouTubeはよく見ています。テレビの代わりにYouTubeになっただけで、動画への依存が強かったように思います。

YouTube Premiumを解約した

長らく使っていたYouTube Premiumを解約しました。節約という意味もありますし、他のサービスにお金を回したいと考えたからです。

それで久しぶりに広告入りのYouTube動画を見ましたが、広告のウザさが本当に際立ちます。

YouTubeは動画投稿者が好きな位置に広告を挿入できるため、何度も何度も広告が表示され正直鬱陶しいです。

月額1180円のYouTubeプレミアムですが、広告をなくせるというただ一点のために課金をしても意味があるサービスだと思いました。

正直言って、広告をたくさん見ることは時間の無駄でしかありません。

動画自体を見るのをやめよう

YouTube Premiumを解約し、一般ユーザーとなった今、動画自体を見る意味はないなと思いました。

いや、広告入りの動画になったことで、いかに自分が動画に無駄な時間を費やしていたのかを痛感する羽目になりました。

しばらく動画を見るのは最小限にして、そのぶんの時間を他の事に費やすように一か月ほど生活してみたいと思います。

最後に

動画の視聴時間を大幅に減らすことで、熱後どんな変化が起こるのか楽しみです。

お客様が離れた時に考える事

仕事関連で心がざわつくことがあります。今この記事を書いている時点でそうだったりします。長年のお客様が1社離れて行ったという事なのですが。

頭にくるけれど、自分が原因だと考える

「長年尽力したのに」…と考え、頭にきてしまいがちですが、ここはぐっと抑えて、自分が原因だったと考える方がいいと思っています。

客も業者を選ぶ権利はありますからね。こういう事をきっかけに、原因を考えるべきなのでしょう。

信用が足りなかった?

今思えば、信用が足りなかったのかもしれません。

ただ言い訳をするとw、年下の私が年上の企業担当者にいくら提案をしても、信用されなかったなぁという印象がありました。

また、過去にさんざん確認した上で行った事を忘れて、数年後に自分のせいにされる事にうんざりしてしまい、提案や助言する気持ちが萎えていたのもあります。私は未熟でしたねww

サポートが足りなかった?

他社はわかりませんが、上記会社に対しては以下のように対応していました。

  • ブログなどの更新システムが入っていないサイト。(もちろんこれも、確認した上で、入れないを選択している)
  • サーバとドメイン代は毎年請求
  • ちょっとした訂正は無料、大きな訂正も安めに設定。
  • 訂正作業は行うが、訂正の必要性の判断は会社にしてもらい、随時連絡してもらう形に

…と、リーズナブルにやっていたつもりでしたが、これがだめだったのでしょう。

メール1通、月1でいいので、なにかしらのアクションを起こすべきだったのかなぁと考えています。例えば、施工事例もっと載せませんか?とか、ネットでこういう話題を見つけました、とか。

できれば電話で行うのがいいですが、相手に有益になるかわからないものでもあるので、メールでもいいのかな、と思います。常に気にかけているアピールが大事なのかもしれません。

対策

離れた会社に対してぐちぐち言っても仕方がないので、次に活かすため、対策案を考えてみる。

  • 会社とのやりとりをメモしておく。(特に判断に関わる部分。全網羅は大変なので重要な点のみ)
  • 相手からの責めに対しては何も言わず対応する。ただしいわれのない責任問題になったら上記情報を元に、回避行動を行う。
  • 月1でいいので、顧客になにかしらのアクションを起こす(たわいのない事でOK)
  • 信用を得るために、提案の時は、数値に裏付けされた資料や、数値に裏付けされていなくても、現在思う所をしっかり資料にして提案することで、長年の信用を得るようにする。そのために、高速かつ効果的な提案資料フォーマットを作る。

さいごに

冷静に書いたつもりですが、まだ心のざわつきがあるので、感情的になっている部分があるかもしれませんねw

深呼吸して、身体を動かして、早く忘れてしまいたいですww

男性諸君、体毛は剃った方がいい

いい年齢したおっさんですが、体毛はそった方がいいな、とつくづく感じたので、思ったことを書いておきますw

人体にとって必要なものだけれど…

体毛は、人体にとって必要なものだと思います。でも見た目は正直微妙ですw 周りの目だって気になる。だから剃った方がいいです。衛生的にもないほうが小綺麗に感じると思います。

永久脱毛はやめておけ

例えばひげを伸ばしたいという人以外にとって、無駄に感じるからいっその事永久脱毛しちゃおう…と考えるかもしれません。でも永久脱毛はおすすめできません。自分の遠い未来に必要になる事があるかもしれないからです。

例えば、若い頃にひげを永久脱毛したはいいが、年齢を重ねてハゲになってしまったから、補うためにひげが欲しい…なんてこともあるかもしれませんw(ひげでハゲを補えるのか?という点はおいといてw)

タトゥーに似てる気がします。入れるのは簡単だけど、戻すのは大変みたいな。一度やったら戻せない身体の加工(あえて加工といいます)はやめておくのが無難です。

だから面倒ですが、毎回手作業で剃る方がいいでしょう。

どうやって剃ればいいのか?

私も体毛を剃るときに、どのようにすれば、いろいろ考えました。体毛を剃るのは、やっぱり面倒なんですよね。メンテナンスしやすいかをいろいろ考えました。

その中で私が行き着いたのは「1本も逃さず剃るという認識をやめる(ぱっとみた感じ目立たない程度の剃りでよしとする)」という事です。

ブラジリアンワックスで1本残らず…とか考えたりもしましたが、人体は複雑で完璧にきれいに…は難しいのが現実です。ですから、ぱっとみた時に目立たない程度に剃ればいいと思います。

個人的におすすめなのが、「パナソニック ボディトリマー」です。

私は「ER-GK70」を使っていますが、今Amazonで調べてみた所、新型「R-GK71」もあるようです。

個人的には安いので十分だと思います。部屋の床に新聞紙を引いて、裸で剃ればいいんです。長さ揃えも何段階か使えるようになっていますが、全く使っていません。一番短いのでがっつり剃るだけです。だから安いので十分です。ぜひ試してみてください。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥6,500 (2022/09/30 14:46:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥34,800 (2022/09/30 03:12:38時点 Amazon調べ-詳細)

さいごに

体毛を剃った身体をみると、なんか少し若返った感じがするんです。あくまで「感じ」なだけですがw

毛がないから、若かりし頃の身体のように見えるんです。その「感じ」でチカラがみなぎる感じがするし、胸をはれる気がするので、若い人はもちろん、私と同世代のおっさん達もぜひ体毛を剃ってみてください。